Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

家族水入らずの貸切風呂で絆崩壊

年に一度の家族旅行。わりと周りの家では行ってるやついるかもしれないけど、そういう行事ごとは我が家では初めてのことだった。僕は高2で姉は高3、母と父は37才だ。両親は若くして僕らを産んだこともあり母は異性としても美人で優しくて自慢だった。父もまだまだイケイケでクラスの女子からも憧れられていた。お風呂はみんなで入れるようにとのことだったが、この歳にしてみんな裸で向き合うのは恥ずかしかった。姉の成長した体を見て、父は嬉しかったのか胸を触り「お母さんと似ているな」なんていって感触を楽しんでいた。そんな光景を見ていたら僕の下の方はムクムク立ち上がり、それを母が微笑ましく見つめ触り出した。