Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

王宮に突然悲劇が舞い込んできた

家来たちからも信頼が厚く、心の豊かな王女様。わずか18才にしてこの王座につき、国一つをまとめ上げたのです。しかし大王不在の城を狙って、隣国のものたちが手薄の城へ襲いかかったのです。毎日武道を極めるためだけに鍛え抜かれた武士たちの力は圧倒的で、一気にその手は女王のいる部屋まで届きました。捉えられ天井からロープで縛り上げられると、辱めの数々を受けることとなったのです。王家たるものこの屈辱は耐えられなかったはず。見せてはならない穴を無理矢理こじ開けられ、身に着けていた大玉の真珠のネックレスをお尻の穴に入れられました。それも瀕死状態の下人たちの目の前で敵の上軍に犯されたのです。これ以上の屈辱はないでしょう。