Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

貧しい身分の少女は一生を奴隷として終える

物覚えついたころからこの家は自分の家ではなかった。母が頼み込んだ住み込みで働いていたのだ。簡単にいうと召使という感じだろうか。掃除洗濯食事の用意はもちろん、住人たちの下の世話までさせられていた。そんな姿を見ていた私も当たり前のように、彼らのおもちゃのように扱われえた。それが普通だと思っていた。ご主人様が返ってくるとまず最初に足を舐めた。指の隙間まで残さずきれいに。舐めのこしがあると、あとでひどくお仕置きをされた。真冬に裸で外の柱に縛り付けられたこともあった。感覚のなくなる乳首を強くつままれ、冷え切った体の中を一気に貫かれた。あれは痛みを超える激痛だった。