Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホームレスのおじさんたちに廻される

大きな事件が起きて誰よりも有力情報を入手するために近辺の聞き込み調査を行っていた雑誌記者の私。川沿いにはたくさんの家がない人たちの棲みかになっていた。少し近づくだけでかなりの悪臭がたちこめる場所だったが、彼らに聞くのが一番だと思った。思い切って一人の男性に聞くとお茶を出してくれた。本当は飲みたくなかったが情報を聞くためと思い飲み干した。とたんに私は睡魔に襲われ気が付いた時には裸で男たちに囲まれていた。明らかに何日も洗っていないであろう租ちんを顔の前に出されると無理矢理口に突っ込まれた。あまりの臭いと味に嗚咽しながらも頭をもたれ抜けないように何回も突かれた。体の中は何度も汚された。