Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

銀行強盗に命令されて人質の前で辱めを受ける

私は大手金融メーカーに勤める28才の独身女性です。この前、いつものようにお客様の接客をしていると黒い目出し帽をかぶった3人組の男たちが突然入ってきました。手には拳銃のようなものを持ち大声でみんなを威圧します。目的はもちろんこの店のお金。みんな手足を縛られ目隠しをされると、私に大きな袋を渡され、その中にお金を詰めるように言われました。そのうち一人の男が「いい体してるな」と言い出しブラウスを引き裂かれました。帽子を少しずらすと汚い舌で私の体や恥ずかしいところを舐められました。みんな目隠しをしているとはいえ、私の我慢する声などを聞いていたら、きっと何をされているのか分かっていたことでしょう。