Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

受験勉強に集中している間も机の下では奉仕活動

広い屋敷に両親と住んでいる僕は云わば大富豪の跡取り息子なのだろう。今は大事な受験勉強の真っ最中。この家には5人の召使さんが働いている。どれも若くて綺麗な女の子ばかり。父は好きなように使っていいとボク専任の子まで用意してくれて、たいていの時間はこの部屋で手伝ってもらっている。今も難問を解いてイラついている僕のまたの間に顔をうずめて一所懸命に気持ちよくしてくれる。おかげで問題に集中できていない。たぶん何度もいっているから彼女の口の中は白い液まみれだと思う。床を見るところ垂れていないから、ちゃんと飲み込んでくれているのだろう。本当にいい子でかれこれもう2時間は咥えさせている。