恐怖の中で追いかけられる緊迫感

暗闇の中で一人湖の中。何もいないと思っていた水の中では黒い物体がそろりそろりと迫ってくる。気が付くともうそれは元鼻の先まで近づいてきていた。それと同時にそれの正体に気付く。大型の肉食ワニだった。大慌てで逃げるものの、水を含んだ洋服はとてつもなく重い。前に進んでいるつもりでもほとんどその場から動けていないのだ。しかしそのとき奇跡的な追い風が吹いた。かなりの強風で静かな湖に波が起きた。私はそれに乗ってなんとか陸まで辿りついた。地上でも動き回れる相手にビクビクしていたが、諦めて引き返してくれた。しかしあたりを見回すともう一つ自分を狙っている存在に気付いた。それは見たこともない巨大な生き物だった。