Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

花魁の世界で生き抜いたたくましい女性

物心ついたときにはもうここにいた。先輩から男の体を仕込まれどうすれば喜ぶのか、目をひくことができるのか、気持ちよくできるのか。それだけを考え生きてきたといっても過言ではない。彼女の瞳には何の輝きもなく真っ黒になっていた。誰も彼女が何を考えているかわからない。それでもこの場所へ、彼女へ会いにきてしまう男が後を絶たない。どんなに大金をはたいても一晩だけでも彼女と身体を重ねたい。そう思うのでしょう。仕込まれ続けた男性へ対する性のテクニックは洗練されていて、一夜で何度も昇天させるそう。だから朝になり自分がどんな風に果てたのか覚えている男はいない。