Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

女性に対する敗者への重なる酷い仕打ち

弱いモノというのは決まって昔から、女子供年寄。役に立つものとしては女でしょう。なんせ男性に対し快楽をあたえることができるから。それ以上の利益もないし、使い物にならなければ捨てられる。殺されるかもしれない狭間で彼女たちはただただひたすらこの苦痛に耐え忍ばなければならない。今日も鬱憤のたまった兵士たちが憂さ晴らしをするかのように彼女たちを戒める。もはや衣類は与えられていなかった。口を開けすぎて痙攣しているものもいれば、顎がはずれてひどい顔になってしまったものもいる。それでも穴としての機能が生きてさえいれば、そのまま生かされるのだ。こんな苦痛の日々はいつ終わるのか。