Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

覆面の男たちが突然家に押しかけてきた

旦那も会社へ出勤し、昼間はこの家に私一人きり。洗濯掃除も終え一息ついている時に、チャイムが鳴った。インターホンに姿がないので不思議に思い、玄関を開けてみると数人の目出し帽を被った男たちが無理矢理入ってきたのです。思えば家の周りは高い塀に囲まれているので、周りからは怪しまれることもないし、危険が多い作りだったのかもしれません。男たちは風のように早く私の自由を奪い、部屋中のカーテンを閉めると一気に洋服を剥ぎ取られました。声を出そうにも用意されていたのかガムテープを張られ目隠しまでされてしまったのです。真っ暗闇の恐怖の中で襲うのは快感の嵐。感じたくもないのに穴からは止めどなく汁が出てしまう。事件のあとは訴えたくても事のすべてを話さなくてはならないと思うと恥ずかしくなっていまだに誰にも言えません。