Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

養子として住まわせてもらっている私の立場

山に囲まれた田舎に住む私は今14才。元々施設で育って親の顔も知らなかった私を、この家のおじ様が引き取ってくれたの。でもそれは私を可愛がってくれるためではなかった。早くに奥様を亡くされた彼には30になる息子が一人。だから掃除洗濯家事は全てわたしの仕事。まるで家政婦のようにこき使われてきたんです。おまけに性的要求も年々ひどくなるばかり。家の中にいる限りほとんど洋服を身に着けるとこは許されていません。永遠ニートの息子は一日中家にいて私を監視しているし、暇になると部屋に呼ばれ相手をしなければいけない。この前は風呂に入るのが面倒だと、全身を舌で舐めさせられました。もうこんな生活耐えられない。