Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホームヘルパーのお姉さんの優しい気遣い

まだ10代の頃にバイクで転倒し、足が不自由で車いす生活を送っている。両親とは離れて暮らしているので近くに頼れる人は誰もいません。家のことなどできることが限られてしまうので、買い物や料理などをしてもらうための介護士さんを呼んでいます。週5日きてくれるのでとても助かっています。ヘルパーのサイトで彼女の画像を見て決めましたが正解でした。この体になり二度と女性と交わることはないと思っていましたが、彼女はそんな私の上へ跨り、代わりに腰をくねくね動かし溜まった欲望を吐き出させてくれます。これも仕事だから、と彼女は笑いますが私にとっては既にかけがえのない存在となっていまいました。もう彼女なしではこの先生きていけない。今日そんな切なる思いを伝えようと思います。