Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

父親に紹介された新しい母がストライクすぎる

ずっとシングルファザーで育てられていた俺としては、母親がいないことになんら違和感もなかったのだが、その女性は突然やってきた。「今日から一緒に住んでもらうから」と簡潔にオヤジに紹介され、目の前に申し訳なさそうに立つその人は年齢よりも遥かに若くみえる童顔の義母だった。風呂も一緒に入ることはもちろんないが、彼女がこのお湯に浸かっていたんだと、妄想を膨らませながら毎晩おかずにしていた。新婚ホヤホヤの二人の寝室は隣で、いつも彼女のいやらしい声が聞こえてきていた。こっそりと覗いたこともあった。股を大きく広げ汚いところをペロペロと舐められながら快感に酔いしれているかのじょを見たときは、その場でますをかいた。もうこんな刺激的な生活は耐えられない。いつ爆発してもおかしくない。