Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

借金の肩代わりに辱めを受ける母

僕のお父さんはどうしようもない人間だった。いつも昼間からお酒を飲んで、一所懸命パートで働く母が帰ってくると酔った勢いで当り散らしていた。おまけにギャンブルが大好きで絵に書いたようなダメにんげんだった。ある日そんな父が突然姿を消した。原因は借金だった。代わりに毎日怖い人が家へくるようになった。とうとう返す当てがなくなってしまった母に、数人のおとこたちはその場で洋服を脱ぐように言った。僕の目の前でだいすきなお母さんが知らない男の人の足元に跪いて汚いあそこを舐めている。それも何人も。幼いながらに何をしているのかが分かって、すごく悲しくなった。でも何もできないでいる自分に一番腹が立った。